第34番 根来寺

一乗山大伝法院(いちじょうざんだいでんぽういん)根来寺(ねごろじ)

ますかがみ うつしおこする すがたをば まことにみよの ほとけとぞみる

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 三十四番 根来寺

葛城連峰の山腹、なだらかな道をゆったりと行くと、約三十六万坪の壮大な境内が現われます。本堂・大伝法堂には、びっくりするほど大きな大日如来様、金剛薩捶(さった)様、尊勝(そんしょう)仏頂尊様がいらっしゃいます。何もかもが大きい……これが、根来寺の印象ですが、不動堂は、少し本堂から離れた、こじんまりとした所にあります。

駐車場の前の道を上がって行った先にある、下町のお寺を思わせるような、古くて小さなお堂です。この中には、「錐鑚(きりもみ)不動尊」と書かれた提灯が、沢山ぶらさがっていて、灯明と合わせて、凄く粋な雰囲気です。

不動明王様は、木造坐像の秘仏で、錐鑚不動、または身代わり不動と呼ばれています。参拝の後は、広大な庭園を散歩してみて下さい。お弁当持ちで散策に来ている人々と、お話をするのも、ここならではの楽しみです。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
一乗山大伝法院(いちじょうざんだいでんぽういん)根来寺(ねごろじ)
通称
根来寺
不動尊について
錐鑽(きりもみ)不動とか、身代(みがわり)不動と呼ぶ。秘仏であるが、初会式(はつえしき)、夏会式に開帳。木造座像。
所在地
和歌山県岩出市根来2286
郵便番号
649-62
電話番号
0736-62-1144
宗派
新義真言宗総本山
開山
興教大師(こうきょうだいし)〈覚鑁上人(かくばんしょうにん)〉
創建
大治元年(1126)
詠歌
ますかがみ うつしおこする すがたおば まことにみよの ほとけとぞみる
行事
1月1日
修正会
1月28日
初会式(初不動)、大般若転読、大護摩供
2月節分の日
節分星祭
春秋彼岸の日
彼岸会法要、水子供養
4月8日
花祭
6月17日
弘法大師、興教大師降誕会
8月12日
施餓鬼会
8月28日
夏会式、大般若転読、大護摩供
10月28日
柴灯護摩
12月12日
御仏事、報恩講
特色
全山5,000本の桜は見事、秋の紅葉はまた格別。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
  • JR和歌山線岩出駅より4km。
  • 阪和線紀伊駅より粉河行バスにて根来下車、徒歩約20分。
  • 南海線樽井駅より近畿大学行バスにて根来下車すぐ。

岩出駅、紀伊駅ともタクシーあり。

車・団体バス
阪和自動車道泉南インターより泉佐野岩出線、国道24号線岩出より根来へ
休憩宿泊等
休憩拝観
お茶代を含め1人800円(2時間以内)
宿泊
50名程度可能、1泊2食付5,000円。外に灯明料1,000円。前もって申込むこと(団体のみ受付)。
拝観
共通券(名勝庭園及び国宝大塔、大師堂、伝法堂)500円。
附近の名所旧跡
紀三井寺、和歌の浦、粉河寺
山主
座主「稲葉 信隆(第41世)」
特産
根来塗

関連書籍

« 第33番 七宝瀧寺 | メイン | 第35番 高野山明王院 »

関連書籍

広告