第33番 七宝瀧寺

犬鳴山(いぬなきさん)七宝龍寺(しっぽうりゅうじ)白雲院(はくうんいん)滝本坊(たきのもとぼう)

七滝に 心きよめて 不動尊 祈る願ひの 叶はぬはなし

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 三十三番 七宝瀧寺

階段を上がって行くと、まずは、護摩壇の正面に立っておられる、それはそれは大きな身代わり不動に圧倒され、呆然としてしまいます。高さは、なんと七メートル以上もあるそうです。

本堂が近づくにつれ、参拝者が、どんどん増えて行き、本堂の中はというと、明るい活気でいっぱいです。子供や、お年寄り、老若男女を問わず、信心深い人々が、ここにはいつも大勢集まって来ています。

このお寺は、七宝龍寺というよりも、犬鳴山と呼ばれ、多くの人々に親しまれていますが、実は、八つの峰の中に、四十八ヵ所の行場と、四十八の滝があります。本堂の奥の滝「行者が滝」では、季節や時間に関係なく、いつも行者さんたちが、水行をしています。

このお寺のご本尊は、秘仏ですが、役行者が彫られたという木造立像の倶利伽不動明王様です。車でなくバスを使う場合は、本堂まで歩いて二十分以上、山道を登らなくてはいけないので、ご本尊様の前に手を合わせることができた時には、喜びもひとしおです。森林浴をしながら、ゆっくりと山の中を廻って参拝して下さい。

犬鳴山といえば不動明王様ですが、実はこのお寺は、もうお一人、有名人がいます。東條貫長さんが在寺の時は、自ら納経所にいらっしゃいます。お話しする機会があれば、日頃思っていることなどを口に出して聞いてみて下さい。難しい法話も、社会のことも何でも、きっと、判りやすく、そして、面白くお話しして下さることでしょう。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
犬鳴山(いぬなきさん)七宝瀧寺(しっぽうりめうじ)白雲院(はくうんいん)滝本坊(たきのもとぼう)
通称
犬鳴山、犬鳴山不動尊、犬鳴不動
不動尊について
運勢の不動とも、運もらい不動とも呼ばれている。秘仏、辰の年の辰の月、とりの年のとりの月、開帳法要。木造立像、(役の行者御自作の倶利伽羅不動と、弘法大師御作の身代りを祀る)。
所在地
大阪府泉佐野市大木(おおぎ)8
郵便番号
598-0023
電話番号
0724-59-7101
宗派
真言宗犬鳴派本山
開山
役の小角(神変大菩薩)、中興志一上人(1346〜1363、住職)
創建
斉明天皇7年(661)
詠歌
七滝(ななたき)に 心きよめて 不動尊 祈る願ひの 叶はぬはなし
行事
1月1日〜5日
新年祈願、初護摩供、鎮守七福人開扉祈願祭
1月8日
初三宝荒神祈願祭
1月27日〜8日
初不動祈願祭
2月2日〜3日
節分開運厄除星祭祈祷
4月27日〜8日
祈願大法要、紫灯大護摩供
7月7日または第1日曜日
元山上ガ岳峰供養
7月土用丑の日
病封じ胡瓜加持
8月27日
お滝まつり、水行護摩供
10月27日または第3日曜日
灯明ガ岳峰供養
11月3日
鎮守祭
12月28日
納め不動祈願護摩供
特色
山と滝のお不動様である。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
南海本線泉佐野駅(急行停車)または阪和線日根野駅下車、犬鳴山行南海バス終点下車、参道を1000m上ると本堂。(バス30分毎、所要時間30分)。
泉佐野粉河線の南海バス犬鳴終点の手前100m、一の庄橋を渡り、犬鳴林道を1km半にて本堂上の広場に至る。それより100m下へ。広場には50台駐車可。
団体バス
泉佐野から南海バス路線にて犬鳴山終点下車、徒歩で山門まで150m、本坊まで更に600m、本堂まで更に300m。(入口より本堂まで約1km)
休憩宿泊等
貸室、食事、250名可。宿泊150名可。予約のこと。
拝観
無料(秋の修験道資料展も無料)
附近の名所旧跡
日根野大井関自然公園
山主
犬鳴山七宝龍寺貫主東條仁哲大僧正
その他
春の山桜、新緑、秋の紅葉等四季それぞれ風雅あり。特に夏は犬鳴渓谷一帯、青少年にて賑う。

関連書籍

« 第32番 瀧谷不動明王寺 | メイン | 第34番 根来寺 »

関連書籍

広告