第31番 龍泉寺

大峯山(おおみねさん)龍泉寺(りゅうせんじ)

龍泉に 汲めどもつきぬ 慈悲の水 不動の智火を かがよわせつつ

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 三十一番 龍泉寺

年数回、大峰蛇之倉七尾山(じゃのくらななおざん)に参拝させていただく前にも、必ずこの龍泉寺に参拝させていただきます。このお寺の滝をお借りし、前行も何度かさせていただきました。

洞川の町の雪が溶けて五月になると、大峰参拝の行者さんたちで、このお寺は大賑わいです。誰もがはるばる遠くから来ているわけですが、お寺の人々は、ここへ来るまでの大変な行程を十分に理解して下さり、いつも本当に大事なものを扱うように納経を受け入れて下さいます。

ご本尊様は、本堂の弥勒菩薩様です。木造立像の一願不動明王様も本堂にいらっしゃいます。さらに、役行者様、弘法大師、理源大師も、祀られています。参拝が終わったら、橋を渡って滝の方へ行ってみて下さい。不動堂には、剣不動様もいらっしゃいます。

洞川の人々は、いつもとっても暖かく、参拝者を迎えてくれます。だから、またこの町へ、すぐに来たくなるのです。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
大峯山(おおみねさん)龍泉寺(りゅうせんじ)
通称
龍泉寺
不動尊について
一願不動。木造立像。本堂に安置。公開。
所在地
奈良県吉野郡天川(てんかわ)村洞川(どうかわ)494
郵便番号
638-04
電話番号
07476-4-0001〜3
宗派
真言宗醍醐派大本山
開山
役小角(役行者、神変大菩薩)中興聖宝理源大師
創建
天智6年頃と伝う(667年頃)
詠歌
龍泉に 汲めどもつきぬ 慈悲の水 不動の智火を かゞよわせつゝ
行事
1月5日
初弥靱会
2月3日
節分会
5月3日
大峯山戸開式
6月7日
三宝院門跡花供入峰
8月2日、3日
行者祭
9月23日
大峯戸閉式
特色
どこまでも、大峯山(山上ガ岳)の内道場であり、特に5月3日の大峯山戸開式から9月22日の戸閉式までが、参拝者が多い。神道のみそぎから採り入れられた行の一つ、水行が有名。修験道の寺である。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
近鉄吉野線「下市口駅」より、奈良交通バス洞川行にて終点下車。
車・団体バス
国道24号線から下市を経て国道309号線で天川に至り、県道を洞川へ。
休憩宿泊等
洞川には宿泊客のため旅館あり。
拝観
無料。
附近の名所旧跡
大峯山、稲村が嶽、天川弁財天、面不動鍾乳洞、五代松鍾乳洞。
山主
院主(いんしゅ)「岡田(おかだ)育雄(いくゆう)」
特産
胃薬、陀羅尼助(だらにすけ)。
その他
新緑と、秋の紅葉がよい。関西の軽井沢と言われるだけあって、夏は暑さを感じない。

関連書籍

« 第30番 如意輪寺 | メイン | 第32番 瀧谷不動明王寺 »

関連書籍

広告