第29番 寳山寺

生駒山(いこまさん)宝山寺(ほうざんじ)

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 二十九番 宝山寺

「生駒の聖天さん」と呼ばれ、古くから皆に親しまれているお寺です。近鉄生駒駅で、犬柄またはネコ柄のケーブルカーに乗り、約六分後、宝山寺前で下ります。旅館やお店を眺めながら、石段を登って行きます。まもなく惣門を越えますが、石段は続きます。境内は、いつ行っても、参拝者で大賑わいしていて、活気があります。

ご本尊様は、実は、聖天さんでなく、木造坐像の不動明王様なのです。外には、水かけ不動様も、いらっしゃいます。

この生駒山では、奈良時代に役行者さんが、修行されて、岩屋の洞窟に般若経を納められました。その後、弘法大師も、この山で修行をされています。そして一六七八年に、湛海律師が入山され、不動明王様ご自分で彫られたということです。

参拝を終えた後は、いつも茶店に足が向いてしまいます。お茶を飲みながら、沢山あるお土産物や線香、数珠、絵ハガキなどを見たり……楽しいひとときをすごせます。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
生駒山(いこまさん)宝山寺(ほうざんじ)
通称
生駒聖天(しょうてん)、生駒の聖天さん、または単に生駒さん。
不動尊について
開祖湛海律師御自作。木造座像。公開。
所在地
奈良県生駒市門前町1-1
郵便番号
630-0266
電話番号
07437-3-2005、07437-3-2006(事務所)
宗派
真言律宗 大本山
開山
役小角と伝えられ、宝山湛海律師中興とされる。
創建
斉明天皇の重祚元年(655)
詠歌
あめつちの めぐみはかみの おしへなれ いこまのてらへ まいるたのしさ
行事
1月1日〜15日
新年特別祈祷会
1月1日〜3日
福財布授与
2月節分の日
節分会厄除星祭
3月彼岸
春彼岸会
4月1日
大護摩会式
5月1日〜10日
大般若会式(この間、内陣参拝、宝物拝観)
5月8日
仏誕会
8月13日〜15日
盂蘭盆会
9月彼岸
秋彼岸会
9月23日
万燈会
11月2日
仏名会
12月1日
厄除大根炊き
12月17日〜大晦日
納め詣り
特色
明治の洋風建築で重文指定の獅子閣。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
近鉄奈良線で生駒駅下車、ケーブル線(15分毎に発車)に乗換え、鳥居前駅から宝山寺駅へ(約6分)、宝山寺駅から寺まで徒歩約10分。生駒駅までの所要時間は利用する交通機関によって若干異なるが、梅田から約40分、ナンバから約20分、近鉄京都駅又は京阪三条駅から約1時間、神戸市JR三宮駅から約1時間10分、近鉄奈良駅から約20分である。
車・団体バス
阪奈道路、宝山寺参詣専用自動車道路を経由のこと。専用駐車場完備。
休憩宿泊等
休憩・宿泊施設なし。
拝観
5月1日から10日まで、聖天堂内陣参拝、宝物拝観あり。料金定めず。
附近の名所旧跡
信貴山朝護孫子寺、生駒山上遊園地、生駒神社、金剛生駒国定公園。
山主
貫主(かんず)「大矢(おおや)實圓(じつえん)」
特産
住吉屋の「ひろうす」、十三やきもち。

関連書籍

« 第28番 成田山明王院 | メイン | 第30番 如意輪寺 »

関連書籍

広告