第23番 醍醐寺

醍醐山(だいごさん)上醍醐寺(かみだいごじ)

千年経て わきて尽きせぬ 山清水 不動の慈悲を 今に伝えて

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 二十三番 醐醍寺

私と、近畿36不動尊巡礼との出会いは、この醍醐寺が、きっかけでした。三宝院にいらっしゃる弥勒菩薩様が大好きで、通っているうち、上醍醐があることと、そこに五大明王様がいらっしゃることを知ったのです。

以来、醍醐山には、近畿36不動尊巡礼以外に、年数回は登拝させていただいています。

毎回、三宝院にまず寄って、弥勒菩薩様にご挨拶をし、それから上醍醐へ。私は、早足なので、般若心経を唱えながら、三、四十分で登ってしまいますが、七十、八十代の大先輩たちが、休憩をしながらも、一生懸命登っていらっしゃる姿には、敬服です。

五大明王様のいらっしゃる五大堂に一歩足を踏み入れた途端、(ああ、今日も無事登拝させていただいて、よかったぁ)と、穏やかで暖かな喜びがこみ上げて来ます。秋の紅葉シーズンは、華やかで、とてもきれいですが、山一面雪化粧された景色を眺めながら、雪降る中、登って行く冬の上醍醐に、私はとても魅かれます。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
醍醐山(だいごさん)醍醐寺(だいご)
通称
深雪山(みゆきやま)醍醐寺
不動尊について
「五大力不動明王」通称五大力さんと呼ばれている五大力明王の主尊である。上醍醐五大堂に安置。公開。木造座像。重要文化財。
所在地
京都市伏見区醍醐醍醐山
郵便番号
601-1383
電話番号
075-571-0029
FAX
075-571-0210
宗派
真言宗醍醐派総本山。当山派修験法頭。
開山
聖宝理源大師
創建
貞観16年(874)
詠歌
千年(ちとせ)経(へ)て わきて尽きせぬ 山清水(やましみず) 不動の慈悲を 今に伝えて
行事
1月6日
初聖宝会
2月15日〜21日
五大力尊仁王会前行。仁王前行でご祈祷された盗難除、災難身代りの御影を2月23日限りで授与。
4月第2日曜日
豊太閤花見行列
5月18日
西国第十一番札所本尊准胝観世音御開扉法要
特色
上醍醐
国宝薬師堂、清滝宮拝殿、重文開山堂、如意輪堂、また五大堂、観音堂(西国観音の札所)等の建物が点在、開山より信仰の霊域である。
下醍醐
特別史跡特別名勝の三宝院殿、庭園、障壁画ならびに国宝五重塔外の建造物があり、霊宝館には数万点の寺宝を所蔵。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
  • JR山科駅、京阪六地蔵駅、京阪三条駅より、醍醐三宝院行、または醍醐三宝院経由の京阪バスに乗車、「醍醐三宝院」下車。
  • 京都地下鉄東西線「醍醐駅」下車、三宝院まで徒歩15分。
名神京都東I・Cより国道1号線を京都五条方面へ、外環状線、旧奈良街道を経て三宝院へ。
団体バス
旧奈良街道は大型車北進一方通行のため、北方からの進入は外環石田交差点より旧奈良街道へ。

自家用車、バスとも有料駐車場あり。徒歩、車、バスとも三宝院まで、三宝院から上醍醐五大堂まで約3km。約1時間は徒歩による。

休憩宿泊等
上醍醐、下醍醐とも休憩、宿泊可。1ヶ月以上前に予約のこと。
拝観
三宝院
大人600円、小人300円
霊宝館(宝物館)
3〜5、10〜12月の春秋2期開館、大人600円、小人300円。
伽藍
3〜5、10〜12月に国宝・鎧の内部を公開、大人600円、小人300円。
附近の名所旧跡
金剛王院(通称 一言寺)、理性院、法界寺、隨心院、勧修寺、醍醐、朱雀両天皇陵。
山主
総本山醍醐寺 座主(ざす)「麻生(あそう)文雄(ぶんのう)」
その他
春は桜、夏は深緑、秋は紅葉、冬は雪。特に醍醐の花見が有名。

関連書籍

« 第22番 不動院 | メイン | 第24番 岩屋寺 »

関連書籍

広告