第22番 不動院

北向山(きたむきざん)不動院(ふどういん)

はるばると したいきたれる きたむきざん いままのあたり おがむうれしさ

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 二十二番 不動院

近鉄京都線竹田駅で下り、住宅街の中を歩いて行くと、通称・北向きのお不動さん、不動院があります。こじんまりとしていて、典型的な町中のお寺という雰囲気です。

このお寺は、大治五年(1130)鳥羽天皇の勅願で創建されました。そして、皇居を守るために、北の皇居に向けて安置しています。それで人々が、「北向きのお不動さん」と呼んでいるそうなのです。

ここへ来ると、家族連れや若いカップルなど、参拝に来ている少人数グループの人々とよく出会います。そういう所からも、地元の皆さんに、とても親しまれている様子が窺えるお寺です。また、夜でも閉門をしないという所にも、信者さんへの暖かい心遣いが感じられます。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
北向山(きたむきざん)不動院(ふどういん)
通称
北向のお不動さん。
不動尊について
重要文化財で秘仏であるが、1月16日の護摩の時のみ開扉。
所在地
京都市伏見区竹田浄菩提院町61
郵便番号
612-8445
電話番号
075-601-4588
宗派
単立寺院(天台宗系)
開山
興教大師(こうきょうだいし)
創建
大治5年(1130)
詠歌
はるばると したいきたれる きたむきざん いままのあたり おがむうれしさ
行事
1月16日
御開扉特別加持祈祷、採灯大護摩供厳修。(当日は開創鳥羽天皇の誕生日であり、開運ぜんざいの接待もある)。
2月節分の日
星祭採灯大護摩供
5月16日
山王祭
毎月3日、16日、28日
御縁日。午前10時30分より護摩堂で護摩供が厳修されます。
特色
般若心経(はんにゃしんぎょう)の写経の納経。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
JR京都駅より近鉄京都線に乗換え、地下鉄と共有の「竹田駅」下車、6番出口を出て徒歩約10分。
車・団体バス
  • 国道1号線京都南インターのところから、名神高速道路沿いに東へ200mすすみ南へ300m。
  • または国道24号線竹田出橋交差点から西へ300mまたは新堀川通り城南宮道交差点東に入りすぐ。
拝観
本尊は秘仏で重要文化財ですが、1月16日の護摩の時のみ開扉。
附近の名所旧跡
白河天皇陵、鳥羽天皇陵、近衛天皇陵、城南宮、当院も含めて鳥羽離宮跡にて、付近には洛南史跡多数。
山主
住職「南面(なんめん)和雄(わゆう)」
特産
附近は伏見の銘酒の産地。伏見人形。
その他
三天皇陵に囲まれ、静かで四季いろいろの趣あり。

関連書籍

« 第21番 紫雲山 中山寺 | メイン | 第23番 醍醐寺 »

関連書籍

広告