第11番 鏑射寺

獨鈷山(とっこさん)鏑射寺(かぶらいじ)

百千代に かけて高鳴る かぶら矢を 民安かれと はなつおん寺

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 十一番 鏑射寺

JR宝塚線道場(どうじょう)駅から、海抜350メートルの独鈷山(とっこさん)に向かって、のどかな緑の景色が一面に広がっています。木々になっている果物や、畑の野菜、道端の花など、自然を堪能しながら歩いて行くと、ようやく鏑射寺が。

私が、行き始めた頃は、まだ境内の工事が行われていましたが、行く度に境内が新しく生まれ変わっているように感じられます。このお寺に来ると、いつも必ず掃除をされている方に出逢います。だから境内は、いつもとてもきれいで、整然としています。

さてお不動様は、鋭い目を見開かれた坐像で、ひときわ迫力があります。それもそのはず。東京浅草・浅草寺(せんそうじ)の顔、仁王様を彫られた村田久作仏師の作。さらにご神木は、春日大社から寄進されたものです。

不動明王様のパワーに触れた後は、ゆっくりと静かな境内を一周してみて下さい。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子


寺院紹介

名称
獨鈷山(とっこさん)鏑射寺(かぶらいじ)
通称
かぐら寺(甘楽寺)。
不動尊について
木造半跏座像。公開。
所在地
神戸市北区道場町(どうじょうちょう)生野(いくの)1078-1
郵便番号
651-15
電話番号
078-986-4095
宗派
真言宗
開山
聖徳太子
創建
敏達天皇の10年(581)
詠歌
百千代に かけて高鳴る かぶら矢を 民安かれと はなつおん寺
行事
1月1日
修正会
1月28日〜2月3日
節分会
3月22日
彼岸大祭
8月15日
千燈会
9月22日
彼岸大祭
11月22日
愛染祭
毎月22日午前11時
例祭
特色
本尊不動明王の半跏坐像は、東京の浅草寺の仁王様を製作された名仏師、村岡久作氏の作になるもので、昭和の名作と言われている。昭和47年建立の総桧造りの三重塔があり、磐境(鏑射山頂)と共に有名である。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
JR宝塚線道場駅下車、1.7km。JR三田駅よりタクシーの便あり、約10分。
国道176号線道場東信号を北へ5km。武庫川の橋を渡ってすぐ左折。(武庫ノ台ゴルフコースを目標に手前100M参道あり)
団体バス
車に同じ。参道入口で駐車可。
休憩宿泊等
なし。
拝観
無料。
附近の名所旧跡
鏑射城跡、有馬温泉、千苅水源地、鎌倉峡百丈岩。花山院。フルーツフラワーパーク。
山主
住職「中村(なかむら)公隆(こうりゅう)〈弘淳〉」
特産
ウド、松茸。
鏑射寺ホームページ
http://www.kaburaiji.or.jp

関連書籍

« 第10番 無動寺 | メイン | 第12番 安岡寺 »

関連書籍

広告