第1番 四天王寺

荒陵山(こうりょうざん)四天王寺(してんのうじ)

四天王寺のイメージ

ありがたや 法のはじめの 天王寺 亀井にうかぶ 不動明王

ご朱印

ご朱印のイメージ

家田荘子コラム 一番 四天王寺

名前だけは幾度も耳にしたことのある大阪南部、四天王寺へ、南大門から入った途端、三万三千坪ある広大さと、中心伽藍の荘厳さに、思わず足が止まってしまいました。聖徳太子が創建した日本最初の仏教寺院。

でも、こんなに広い境内のどこに、亀井不動様が? 大勢の参拝者と挨拶を交わしながら歩いて行くと、石舞台の下の亀の沢山いる池の近くにいらっしゃいました。

五十センチほどの小柄な石仏で、不謹慎にも「かわいい!」と、思わず言ってしまいました。水かけ不動尊ゆえ、お体中が緑苔に包まれているせいか、憤怒(ふんぬ)のお顔をされていても、身近さをとても感じます。だからでしょうか。いつも参拝者が後を絶ちませんが、休日になると、列さえ作っています。

ちなみに私は、池の反対側「六時堂」の薬師如来様の凛としたお姿も大好きです。南大門から入ると荘厳さを感じますが、中之門から入ると、慈悲の心に目覚めます。やはり境内に存在する全てが、深い意味を携えているのでしょう。中之門から出入りする時、無意識のうちに手を合わせています。

近畿三十六不動尊霊場会先達・作家 家田荘子

寺院紹介

名称
荒陵山(こうりょうざん)四天王寺(してんのうじ)
通称
天王寺
不動尊について
亀井不動と呼ぶ。石造座像。公開。
所在地
大阪市天王寺区四天王寺1丁目11-18 四天王寺境内、亀井堂南側。宝印は納経所で受けること。
郵便番号
543ー0051
電話番号
06-6771-0066(代)
宗派
和宗総本山
開山
聖徳太子
創建
推古天皇元年(593)
詠歌
ありがたや 法(のり)のはじめの 天王寺 亀井にうかぶ 不動明王
行事
1月1日
初詣
1月12日
生身供
1月14日
修正会結願法要(どやどや)
2月節分の日
節分会
2月15日
涅槃会
2月22日
太子二才まいり
春分の日とその前後3日間
春彼岸会
4月8日
仏誕会
4月22日
聖霊会舞楽大法要
8月2日
篝の舞楽
8月9日〜10日
千日まいり
8月9日〜16日
万灯供養会
8月13日〜16日
盂蘭盆会
9月20日〜26日
秋彼岸会
10月下旬
秋季大学講座
12月8日
成道会
毎月17日
法華八講会
毎月21日
お大師まいり
毎月22日
聖徳太子会
毎月28日
不動尊会
特色
国宝、重文等寺宝多く、境内は史跡として指定されている。
交通 (地図はこちらをクリック)
徒歩
  • JR「天王寺駅」、地下鉄「天王寺駅」、近鉄「アベノ橋駅」から北へ700m。
  • 市バス「天王寺西門前」下車すぐ。
  • 地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」下車、南へ300m。
車・団体バス
阪神高速道路大阪環状線の「夕陽丘」ランプから松屋町を南下、天王寺公園前で左折し北進、西門交差点を東進、四天王寺南大門前のモータープールへ。
大阪へお泊りの際は、ぜひ四天王寺へ参拝下さい。
休憩宿泊等
無料休憩所あり。宿泊なし。
拝観
伽藍、宝物館、本坊庭園 共通拝観料、大人700円、高・大学生400円。団体割引あり。
付近の名所旧跡
清水寺、愛染堂、真光院、庚申堂、生国魂神社、今宮戎、天王寺公園、天王寺動物園、植物 園、天王寺美術館、通天閣、北山不動尊。
山主
管長 塚原亮應(つかはら りょうおう)
その他
春秋彼岸、お盆、お大師まいりには特に参拝者が多い。

関連書籍

メイン | 第2番 清水寺 »

関連書籍

広告